カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

No.100 育児日記「今日は何の日?11月15日」

 パンパカパーン!!
ついに店長日記も100回目を迎えました!!(苦節1年。良く頑張ったぁ)
ということで100回とは何の関係もない内容ですが・・・。

 本日11月15日は何の日?(私も正式な日付は最近知りました。)
 11月15日は、七五三です!
七五三は、数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳のとき、その成長を祝い、神社に参詣する行事。11月15日に行うようになったのは、江戸時代、徳川綱吉の子・徳松の祝いがこの日に行われたことからだといわれている。(日本記念日協会ホームページより)

 ということで、我が家の娘3歳5カ月も3週間前に七五三を行いました。
正式には数え年でやるようですが、我が家は満3歳ですが今年やることにしました(決して忘れていた訳ではありません)。

 3週間前の休日、目が覚めると晴れていたので、思いつきで、
「今日七五三いくか!」という事になり、北海道神宮へ向かいました。
 なぜ、思いつきで七五三にいけるかと申しますと、七五三の写真は娘の6月の誕生日の時にすでに撮っているので、着物を着て神社に行く予定がなかったからです。
とはいえ、多少のおしゃれをして、いざ神社へ・・・。

 神社には、やはり時期だったので、そこそこ七五三に来ている家族連れがおりました。
その家族連れを見て娘が、
「いや〜、混んでるねぇ〜」(混んでるって言うほど人はいません)
その言い回しが実にオヤジ臭く見えました(誰の影響でしょう)。

 そして、お祓いをしてもらう時、娘の名前を呼ばれた瞬間、「はーい」と大きな声が・・・。(普段なら人見知りで声が出ないはずなのに・・・。) なぜ、こういうときは声が出るのでしょう?
少し恥ずかしかったお払いも終わり、帰ろうとすると・・・。目の前に出店が・・・。
すでに出店の誘惑につかまっている子供たちがちらほら。
 当然、我が家の娘もつかまりました。私が用事を済ませてる間に、妻と娘で出店をみていたようで・・・。
私が戻って来た時には、娘がプリキュアに変身していました。
(しかし、七五三に来て、プリキュアのお面をつけているのってどうなんでしょう?)

 その後、近くで食事を済ませ、家に戻ってきましたが、家の中でもプリキュアになりきっていました。
ただし、プリキュアになりきってトミカで遊んでいます。(何かが間違ってる)

平成25年11月15日

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100017959&eid=104

ページトップへ