カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

No.110 育児日記「歌の練習?」

 突然ですが、リパブリック讃歌ってご存知ですか?
リパブリック讃歌と言われても、いまいちわからない人も多いかと思いますが、「権兵衛(ごんべえ)さんの赤ちゃん」や「ともだち讃歌」と聞くと知っている人も多いでしょう。
 さらに有名なのが、「ヨドバシカメラの歌」。これもリパブリック讃歌をアレンジして替え歌した物になります(これが一番わかりやすいですよね?)

 なぜ、こんな話をしたかと言うと、先週の事です。
娘が週に一度通っている、プレ幼稚園では、毎週その月に合わせた歌を歌っているようです。そして、12月の歌が、「あわてんぼうのサンタクロース」(時期ですねぇ)、「権兵衛さんの赤ちゃん」のようです(もう一曲あったようですが忘れました)。
 娘は、その「権兵衛さんの赤ちゃん」が気に入ったらしく、私が仕事から帰ると、ずっと「権兵衛さんの赤ちゃん」を歌っています。

 私的には、この歌を、いや、このメロディーを聞くと、「ヨドバシカメラの歌」しか頭に出てきません。
 なので、つい娘が歌う「権兵衛さんの赤ちゃん」に合わせて、
「若者集まる札幌に、マルチメディアの店がある」(札幌版)と口ずさんでしまいました。
 すると、娘に、「ちがーう」と注意されました(当然と言えば当然ですよね?)。

が、しかし、間違ってはいないという事を、大人げなく娘に言いたかった私は、YouTubeで「ヨドバシカメラの歌」を探し出し、聞かせてみました。
 それを見た娘はビックリ!!
しばらくその「ヨドバシカメラの歌」を聞いていました。その後、私が、「ヨドバシカメラの歌」で口ずさんでも何も言わなくなりました。

 そして、次の日、また仕事から帰ると、その日も
「権兵衛さんの赤ちゃんが風邪引いた〜♪」と歌っていました、が、
「そして、慌ててシップした〜♪」と歌うはずのところだけ、「そして、ヨドバシカメラ〜♪」と歌っているではありませんか。

 当然のごとく、私は妻に睨まれていました。
 とりあえず、幼稚園は冬休みに入り、来月には歌が変わるので、被害は最小限で食い止められました。
(今度、ヨドバシカメラに連れて行き、生で聴かせてあげましょう!)

ページトップへ