カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

No.81 育児日記「トイレとの戦い」

 小さなお子さんのいる家庭では誰もが通る道ですが、3歳3カ月の怪獣がいる我が家は、現在トイレトレーニング(以下、トイトレと呼ぶ)との戦いに日々明け暮れています。
 今年の初め、娘が2才8カ月頃、トイレに座っていられるようになり、時々ではありますが、自分から「トイレ!」言って成功することもありました。なので、当初の予定では、今年の4月頃にはトイトレは終了するのでは?と安易に考えていました。

 そんな単純に考えていた私への制裁か、娘の入院、引っ越したためのトイレの環境の変化により、トイトレは完全に0からの出発になってしまったのです。
 トイレの環境の変化とは言っても、我々親からしてみると、明るくなったし、広くなったしということで、良くなった気はするのですが?なんせ、ビビリ屋の我が娘にしてみるとトイレに入るだけでもおっかなびっくりでした。

 そして、今年の夏を迎えてしまいました。夏ということで夏ならではの最終手段を取ることに。
それは、普通のパンツをはかせてみると言う事です、当然、おもらしだらけですので、夏で暑いという事を利用し、パンツ一枚で過ごさせました。(もちろん上はちゃんと着てます。)

 これで、オムツよりは気持ち悪いはずなので、トイレに行きたくなるのではないかという狙いの元、現在も継続中。
 人間は楽を求める生き物だと言いますが、我が家の娘も、パンツよりオムツの方が楽なことに気付き始め、またトイトレが後退しつつあります。

 そんなある日、お出かけ中や、寝るときはやっぱりオムツは欠かせないため、オムツを買いにドラックストアへ行きました。我が家は普段、ウサギの絵の付いたメリーズのオムツを使っています。なので、今回もそれを買おうとすると、
「もう、みーちゃん、これ飽きた」と娘がポツリ。
妻はてっきりオムツが嫌になったのかと思ったらしいのですが、
「こっちにする」とプーさんの絵の付いたオムツを指さします。
 つまり娘はオムツに飽きたのではなく、ウサギの絵に飽きたらしいのです。パンツのデザインに好みが出るのはいいと思いますが、オムツにまで注文をつけられるとは思いませんでした。

 結局、娘が指さしたオムツがやや高かったので特売になっているしまじろう柄のパンパースで手を打ってもらうように娘と交渉。交渉成立。
 その日の夜は、新しいオムツをはいてご機嫌です。(お願いだからパンツをはいてご機嫌になってくれ!)

 来年幼稚園に行く前には何とかトイトレを終了させたいところですが、先行きはかなり不安です。 

平成25年9月3日

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100017959&eid=85

ページトップへ