カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

No.71 育児日記「大興奮!」

 この間の日曜日、我々家族は妻の弟が通う高校の学校祭へ行って来ました(弟の高校とごまかしてはみましたが、実は私と妻の通っていた高校です)。

 学校祭は程良く楽しんだところで学校を後にしました。
 その帰り道、娘にとっては、天国のような時間が訪れました。
学校を後にした我々一行は、札幌市市電(路面電車)に乗って大通りに向かおうとしていました。電停で待っていると当然ですが、電車がやってきました。電車に乗れるとあって娘はすでに興奮し始めていました。
電車が来るのが見えると、娘が突然「新しい電車!」と言いだしました。なんの事かと思えば、着いた電車は確かに最近登場した低床式の新型車両ではありませんか(繰り返すようですが、決して鉄道好きの私が教えている訳ではありません。)
テレビのニュースなどで見て覚えていたのでしょう。
そんなこんなで新しい電車に乗れてテンションアップで大通りに。

 何とそこでは、消防フェスタが行われており、各種消防車、救急車が公開されており、消防音楽隊の演奏会などが行われていました。
 これもまた、娘にとっては願ってもない機会です。トミカ大好きな娘には消防車も救急車も守備範囲ですから・・・。(範囲が広すぎます。)

 スタンプラリーに参加しながら消防車などを見て回っていると救急車へとたどり着きました。すると、娘が?
「救急車のりたいなぁ」とつぶやくではありませんか。(君は3月に乗って運ばれたばかりではないか)
後ろの部分に試乗ができるので、いざ乗せようとすると臆病な娘は一人で乗れません。妻と一緒になんとかのりました(口ほどにもないやつめ!)
それでも娘は救急車の中も覗けたので大満足はしたようです。

 スタンプラリーも完結し、最後に風船をもらいさらにテンションアップ!
しかももらった風船はいつものとは違い、ガスが入っているタイプで手を離すとお空の彼方へ飛んで行ってしまうものです。この風船をもらうのは娘は生まれて初めてです。
家に帰ってからも、ぷかぷか浮かして喜んでいました。リビングではサーキュレーターを回しているので、黙っていても風船はぶかぶか移動しています。おそらくそれがまたたのしかったのでしょう。

 結局その日は、電車に救急車、風船の効果で寝るまで興奮状態が続いていました。
 そして、次の日の朝。当然ですが、風船はガスを失い、床に落ちていました。起きてきた娘も浮いていない風船を浮かべようとしますが落ちてきます。何回もやるのかとおもったら1回試しただけで、
「だめだな、こりゃ」と言ってあきらめたようです。(なんとあきらめの早い娘でしょう!)

平成25年7月25日

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100017959&eid=75

ページトップへ